読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shilhouette

せっかくなんで観た映画を徒然なるままに

SHERLOCK(シャーロック)S3#1「空の霊柩車」

今シリーズからメアリーが登場するようですね!シャーロックいない間の出会い…気になります。あとシャーロックの生存トリック。

ライヘンバッハの滝でシャーロックは完結するつもりだったのにファンの強い声に苦肉の策で復活させた経緯の「空き家の冒険」が原案。

泳ぐやる夫シアター コナンドイル「小遣い稼ぎにキモオタ向けのラノベでも書くか」

↑ふざけた説明かもしれないけどよくまとまってると思うので。

しかし何故「空の霊柩車」なんだろう?

物語は前回の衝撃のラストから始まります。 

悪の天才モリアーティの謀略により「いかさま師」の汚名を着せられ、屋上から身を投げたシャーロック。あれから二年。 ジョンはシャーロックと共に暮らしたベーカー街221bの部屋を出、メアリーと恋に落ち、真剣に結婚を考え始めていた。 ところがそこへ・・・。(C)Robert Viglasky (C) Hartswood Films 2013

以下、ネタバレ感想ダラダラ

 

シャーロック汚名返上に動き出します!

でもその前に前回の種明かし!?

ジムの死体を何者かが回収。シャーロックそっくりのデスマスクをくっつける。ゴムロープバンジーで(反動で)モリーのもとへ突っ込む。その間はジョンは自転車にぶつかっているので見ていない。そのまま勢いでモリーに感謝のキッス♡あああ♡モリーモリー!その他多数の協力者の力を得て(血糊を撒いたり、中にはジムに暗示をかける催眠術師まで!)ジムの遺体をシャーロックに見せかけた!

これはフラッシュモブできる規模じゃないですかーヤダーwwww

これがシャーロック生存のトリック!

 

レストレード警部「ありえない!!」

 

はい、アンダーソンの妄想でした。有難うございます。私もそう思いますwww

でもなかなかテンション上がるシーンで開始早々惹きつけますね。

しかし二年の間に何があったのか…アンダーソンの容姿が…変わった。

 

あれから汚名返上はできたようです。自然に、メディアによって。ジムが貶めるために揃えた”リチャード・ブルック”の経歴は暴かれたようで(でも二年もかかってるのですね)、詐欺師として命を落とした英雄は再び賞賛されています。ダークヒーロー・ライジングですね。

誰か代わりに猜疑心から乗せられちゃった人々(ドノバン巡査やアンダーソン)を殴ってくれないかと私も思っていましたが、世論が殴ってくれてた。メディアや警察って正義執行機関だったんですね!

でも殴られすぎたのかアンダーソン人が変わっちゃって…。罪悪感に苛まれシャーロックの信奉者(シャーロッキアン)に変化。シャーロックの生存を信じて疑わない。それが彼なりの贖罪、というか逃避なのかな。ドノバン巡査どうしているんだろう…。

 

一方ジョンは(ちょっと…かなり似合わない)口ひげを生やしてシャーロックの墓に献花に。手をつなぐパートナーの存在もありますが、哀しみは言えない様子。

 

場面は転じて夜間の追跡劇。暗視スコープまで使って誰かを追跡中。捕縛。そして尋問/拷問。

虜囚は拷問官に浮気がどうこうと話しかけ退場させます。(私は浮気のフレーズを何かの暗号/暗喩と勘ぐってしまいましたが…例えば不倫は麻薬などの取引の暗号みたいな。なんてことはない拷問官の実生活のトラブルだったw)

そして監房に残った男が虜囚に話しかける…

「休暇は終わりだ、弟よ、ベイカー街へ戻るのだ」

ホームズ兄弟!!二人で潜入活動をしておりました!

 

ワトソンは久しぶりにベイカー街221Bを訪問。ハドソン夫人とも再会。

 

ホームズ兄弟はジムの残滓――組織の解体にこの2年を費やしていた。

これを機に兄弟仲直り…すればいいのにどちらも頑固!喧嘩するほど仲がいい兄弟なんでしょう。

マイクロフトはロンドンで地下組織によるテロ攻撃の予兆を感知し、それを未然に防ぐ事をシャーロックに依頼。

 

一方、それぞれの二年を経て再会したハドソン夫人は…めっちゃ怒ってるーーー!!!このニ年間一回も連絡しなかったこと、ヒゲのこともお叱りを受ける。

マイクロフトから最近のジョンの写真を受け取ったシャーロックも同意見。

かくしてジムのヒゲを剃らせるためサプライズを計画。

シャーロックはジョンが喜ぶぞーっとルンルン。その自信は何処から来るのか。

ハドソン夫人はジョンが紹介したいというパートナーを男性と信じて疑わない。夫人まで…。

波乱の幕開けです。

 

ジョンがメアリーにプロポーズするために予約した高級なレストランに到着/侵入したシャーロック。流れるように即席で変装をし(このシーンは非常に華麗)ジョンのもとへまっしぐら。

しかしそんなシャーロックにジョンは気づかない!!

気づかれなくて動揺するシャーロックwww

 

そしてメアリーの登場。

おぉ…美人。素朴な感じにも…。アイラインちょっと気に入らないけど(個人的)

ぎこちないながらもプロポーズ!!ジョンの指輪物語

 

したところへちゃっかり邪魔…というか自分の存在をアピールするシャーロック。

このタイミングでの再会!!狙ってやったこの瞬間!!この間の悪さ!!

一瞬唖然とした表情から一転、いまにも噛み付きそうなジョン。多分喜びとか感極まってるとか感情がもう渦巻いてる中で、噴出したのは――「怒り」。

(このシーンのマーティン・フリーマンの演技は最高です!)

怒りを感じて緩和させるためか、それとも地なのか、以前と変わらずジョンをからかって(おちょくって)みせるシャーロック。

ジョン「死んだ!はずだろ!?」

火に油を注ぎましたwww

襲いかかるジョン、押し倒されるシャーロック。

 

高級レストランで暴れたため場所を変えて(店のランクが下る)仕切りなおし。種明かし/弁明。

 

あの日、ジムの謀略の対抗策に13通りのパターンを考え、中には柔術(バリツと言わなかったのが現代流!)を取り入れたものも考えていたようですが…(ジムと格闘Ver.もあったわけですね。流石ライヘンバッハ・フォール!)そのうちの一つを実行。

そもそもの死を偽装する計画の提案はマイクロフト。(協力者は必要でしょうとシャーロックに賛同するメアリーにも草)他に協力者にモリー。そして25名のホームレスネットワーク等…。

ジョンが再び激昂。(それだけいて何で自分はその中にカウントされなかったんだ!!!)

 

と、ついつい手が出てしまったのでまた仕切りなおし(さらに店のランクが下る。怪我も増える)。

 

 しかしヒゲが気になってしまうシャーロック。

実は「似合わない」とは言えなかったメアリー(笑いをこらえている)。

二人の意見にショック(´・ω・`)なジョン。

早くもメアリーが二人の間にいい感じの触媒として機能しています。流石メアリー!

シャーロックの生存はまだ誰にも言うなと言ってるけど、只今だだ漏れ中www

 そして喋れば喋るほどジョンの気持ちを逆なでし最終的に頭突きに発展。

鼻血ダラダラのシャーロック。店も追い出される(ランクが下がりきった模様)

「分からないなァ…謝ったのに(謝ったつもりなのに)」←そういう問題じゃない。

 

此処で初めてメアリーに視線がむくシャーロックだが、彼女が今までにないタイプの人間。情報が非常に多い。でも固定されない。ややシャーロックも困惑するほどに。アイリーンとは違うタイプの謎多き女性のような…特異な女性。嘘つきというキーワードがなんだかひっかかる…。

メアリーはシャーロックに好印象を持ったようです。

 

そしてモリー、レストレード警部に接触(相変わらず名前覚えてない)。でも警部の抱擁とかみると見てる此方も安堵してしまう。ハドソン夫人の再会にははちょっとしたホラーwww夫人をいじめるでないよwww

 

さて肝心のシャーロック落下の真相…実は建物の屋上に立っていたのはシャーロック人形。その後ろでジムといっしょにジョンの通話を影で笑いながら、シャーロックはジムと見つめ合い…そして!(あ、ホモ)

というシャーロッキアンの妄想でしたwww腐女子シャーロッキアンはなかなか良く出来たキャラクターwww実際にいそうwww

今度はアンダーソンがツッコミを入れる番。

このシャーロッキアンの集いが「空の霊柩車」なんですね。

そしてタイミングよく瞬く間に広がるシャーロック生存。どっから漏れたwww(レストランでの騒ぎの成果か)

 

そんな騒ぎのさなか、ジョンは髭を剃った。似合わないと(シャーロッk…メアリーに)言われたし。

似合わない口ひげを生やしていたのも、この二年間、シャーロックが死んだことを悲しんでいたからこそ、どうにか忘れなくてはと思ってイメチェンしてたのかな。これまでとは違う、別の人生を歩むために。

シャーロックもジョンもそれぞれが髭をそってベイカー街へ戻るというのは印象的ですね。

 

一方アパート221B でホームズ兄弟は情報交換。マイクロフトの情報網では地下組織によってテロは起こるはずなのだが、シャーロックの情報網にはその予兆がない。事件の全容が今だ見えない。

しかしなにで遊んでるんだ兄弟よwww

 ハドソン夫人もすっかり元気に。本当に元に戻ったという感じ。

兄弟の推理合戦はなかなかおもしろいです。基本的にはマイクロフトの方が鋭い。反論できず「ぐっ」となるシャーロック。推理の応酬が続きますが最終的にはマイクロフトの勝ち…かな。シャーロックを馬鹿にできる唯一の人。しかしシャーロックすらバカに見えるから友達がいない/できない人。

 

先の頭突き以来ジョンとは絶交中(でもジョンは診察後アパートに寄るつもり。メアリー公認)なのでモリーが助手を勤める。

あああ!モリー!あああああ!!モリー!!またなんか使われちゃってる!!

 

ジョンは患者さんを次々捌く。

一方でシャーロックも依頼人を次々捌く。

たまに台詞が(ある意味)で繋がるのが面白いwww

ハドソン夫人「ジョンと話したら?」シャーロック「彼が頑固で」→ジョン、手術用手袋を装着する手が中指立ってる(あくまで手袋装着時偶然です)→ハドソン夫人「ジョンはなんて?」シャーロック「ファッ」→ジョン「コォフ」(台詞ではシャーロック「F...」ジョン「Cough.(咳)」と続きますが音だけ聞くと「ファ●ク・オフ」うせろ/くそ食らえ/やなこった!に聞こえる)→ハドソン夫人「アラヤダお下品」→シャーロック「あいつに浴びせかけたい!」→ジョン「おしっこを」

もうこの辺のシーン抱腹ですwww

シャーロックはジョンがいないことで不調、あと謎として物足りないことで再び発狂寸前。ジョンはシャーロックが絡んでくるんじゃと疑心暗鬼からおかしくなりつつあるwww

 

レストレード警部から空き家の白骨死体事件の捜査依頼。

なんとかの有名な「切り裂きジャック」の死体ではないかということ。

モリーを伴い捜査。レストレード警部も助手はジョンじゃないの?と訝しむ。試用期間だと適当に説明するシャーロック。

モリー、検視官だけあって検死の腕は素晴らしい。

しかし捜査中もシャーロックにはジョンのツッコミ(幻聴)が聞こえる。

「事件の真相 - 切り裂きジャック著」

という本が見つかるが、モリーの指摘。「遺体は少なくとも死後半年」

捏造された事件現場だった。

 

検死の腕、現場で細かなところに気づく点でもモリーは助手として申し分ない。でもふとした時の返事が「ジョン」に対してだったことまた傷心するモリー

ジョンじゃないとやはりダメなんだ、と納得している。

 

さてホームズ兄弟の推理ゲームで使われた忘れ物の帽子――その所有者の男性から重要な情報が。

地下鉄ウェストミンスターからの最終電車に乗った男が、次のセントジェームスパーク駅までのひと駅に消えた。

この時の運転手が金を得て休暇中とも。恐らく何かの報酬。

運転手と共謀して消えた乗客が何か――マイクロフトが言っていたテロに関わっていると推理。

 

一方ジョンは意を決して221Bに足を運んだところ…何者かに拉致される(!)

 

さてシャーロックが捜査にモリーを伴ったのはお礼のつもりだったそう(デート?)。

「今日は楽しかった…手伝いたいけど…」

オドオドと申し訳無さそうに言う。多分、モリーはシャーロックの事はこれからもずっと好きだけれど、モリーの幸せはシャーロックといっしょになることではない事も分かってるんだろうな…ああ、モリーモリー!貴女を見てると切ないよ!でも貴女はとても素晴らしい女性だよ!!

シャーロックは気まずそうに、しかしモリーの幸せを願って、指輪の彼とのことを祝福し、頬にキスをする(親愛/厚意/満足感を意味する箇所。いつもシャーロックのキスの位置は頬…それがシャーロックとモリーの関係)。

「…そういうのがタイプなのかも…」

ずるい、という意味かな。モリーは名残惜しそうに言いますが…なんとなく彼女はその思いで充分になったような気がします。吹っ切れたというか大切な思いとしてずっと持っていそう。重荷ではなく。

 

メアリーはジョンが誘拐されたことに気づきます。

スパムメールと思ったメール、その文面が飛ばし暗号であることに気づきシャーロックに助けを求めます。暗号としては初歩的とはいえよく気づいたメアリー…なんか強者の匂いがする。

彼女ならジョンと付き合っていけると思う。診療所で出会ったのがきっかけかな?サラは?( ^ω^)

でも何で犯人はメアリーにメールしたんだろう?シャーロックではなく。

 

時間がないためバイク強奪に無謀運転。

時間を短縮するが間に合わない…!しかし何故か犯人側から執行猶予が。

何でだろう…ジョンを殺すことは目的ではない?

焚き火にされそうになったジョンを間一髪で助ける。

 

命拾いしてかつ最愛の二人に囲まれてる…幸せものなジョン。

 

大事には至らず、ジョンがアパートへ向かうと先客/依頼人が。

追い出すシャーロック、しかし何故か帰らない老夫婦…って両親だった!挨拶が遅れた!?というかすごく普通の老夫婦。なぜこの2人からあの兄弟が誕生したのか…。

ジョン「それよりも、葬式に君の両親が来なかった理由って…」

シャーロック「知ってた」

ジョン(ガルルル…)

謝り倒すシャーロック。喧嘩は激しいけど仲直りも早い。

 

さて事件について。

何故ジョンを誘拐したのか、シャーロックではなく。何故「地下組織」の情報で諜報員が一人死ななければならなかったのか。

今回のネズミはモラン卿――最終列車から消えた乗客。

何を見落としているのか?

ホームレスネットワーク?からモラン卿に動きありの連絡。ウェストミンスター駅に現れたよう。

そこでシャーロックが閃く。

It's not an underground network,
John, it's an Underground network!

「地下組織」のテロ計画ではなく「”組織”が”地下”で」テロ計画という情報だった。

(ここ訳難しいと思う…すごい…)

 

地下鉄の車両が切り離されたことに気づく。モランが消えたのではなく、車両がまるごと消えたのだ。

ジョンは火にかけられて殺されかけた――ガイ・フォークス・ナイトのイベントで。

11月5日、火薬陰謀事件。

火薬陰謀事件(かやくいんぼうじけん、英: Gunpowder Plot)は、1605年にイングランドで発覚した政府転覆未遂事件である。イングランド国教会優遇政策の下で弾圧されていたカトリック教徒のうちの過激派によって計画されたものであるとされてきた。首謀者はロバート・ケイツビー、実行責任者はガイ・フォークス。上院議場の地下に仕掛けた大量の火薬 (gunpowder) を用いて、1605年11月5日の開院式に出席する国王ジェームズ1世らを爆殺する陰謀 (plot) を企てたが、実行直前に露見して失敗に終わった。これにちなんだ祭事が毎年イギリス各地で開催されている。

引用:火薬陰謀事件 - Wikipedia

 

ジョンがいると冴える冴える。

両親の言っていた法案審議中の話し――反テロリズム法案の可決をめぐった議会。これを狙ったテロと推理。電車オタクから得られたウェストミンスターとセントジェームスパークの間の使われることのなかった駅の情報を入手――議事堂の真下。そこに車両と爆弾がある。

 

シャーロックとジョンはウェストミンスター駅からこっそり地下構内へ侵入。

ジョンの携帯は圏外。

 

モラン卿はホテルで悠々と起爆の準備。

 

使われていない駅の線路上に車両が放置。周囲にも爆弾。そして車両にも爆弾。

爆破すれば地下鉄のダクトを通じて国会議事堂――ビッグ・ベンが大爆発。

そして無常にもジョンとシャーロックを乗せた車両爆弾が起動。

精神の宮殿へ行けと迫るジョン。ドラゴンボール精神と時の部屋でいそいで修行しろ的なものと似ているwww

でも出来ない(というかふざけてる?)

爆弾解除の方法は知らない、そしてシャーロックは懺悔する。絶体絶命。

ジョンはそんなことに釣られないぞ!といいつつ告白、そしてシャーロックへの赦し。

爆弾の時間は少ない、最期の時――。

 

前回の真相――ジム・モリアーティの組織は大きく、それを潰すためには作戦が必要だった。

マイクロフトがシャーロックの情報を流す。ジムはキーコードではなく組織の情報を断片的でも漏らす(キーコードの方がブラフだった!)。泳がせたのは自分のほうが優位だと思わせるため。ライヘンバッハ・フォール(評判落とし)も黙認したのもそのため。ただジムがどの程度本気(3人の殺し屋が居るかとか)かは未知数だった。

シャーロックはジムに自殺願望があるのは最初にあった時から見抜いていた。(S2#1でジムは「今日は死ねなくなった…」と残念そうに言ってました。やっぱりいつ死んでもいいと思ってたのか…)

 

13通りのシナリオから最適解LAZARUS(ラザロ…死んで生き返った聖人の名ですね)を発動。

ジョンにそこでみててくれ、といったのは死角にエアバッグを配置するための足止め。

ジョンに見せた遺体は先の兄妹誘拐事件の犯人…妹がシャーロックを指差して悲鳴…つまりシャーロックにそっくりな誰かがいた。用済みで始末されただろうから自分そっくりな死体があるのは把握済み。シャーロックがエアバッグに落ちた後、モリーが遺体落とす。

自転車で衝突しさらにジョンを足止め、その間に遺体を回収、シャーロックと入れ替わる。それっぽく見せる血糊、スカッシュのボールを脇に締めて脈を一時的に止め、死を偽装。

 

冒頭のアンダーソン推理も当たらずしも遠からず、といったところ。ちょっとホッとしたみたい。

しかしこの種明かしのためにアンダーソンのところに訪れたわけではなかった。

 

犯行の真相――切り裂きジャック著、を用意したのはアンダーソンだった。シャーロックが生きていたら食いつくと思って用意した事件だったようだ。

そこまで追い詰められていたのか…。

シャーロックにお説教されるアンダーソン。

 

でもやっぱりアンダーソンは腑に落ちない。細かな点が気になる。ちょっとでもズレたら成立しない計画。やっぱり嫌味というか…でもアンダーソンは少し吹っ切れたかな?何かキレてたけど…(不安)

 

地下鉄のジョンは腹をくくっていたが――失笑するシャーロック。

やっぱりふざけてたwww

ジョンを試すために(ジョンの本音/優しい言葉を聞くために)ちょっとだけ虐めてたwww

解除の仕方はちゃんと把握していた。爆弾の起爆装置にはだいたい停止のスイッチが付いているもので。変な拍子に起爆しても困りますもんね。(ドゥーフェンシュマーツ博士もメーターにはだいたい自滅ボタンつけてますしね)それと実はちゃんと警察も呼んでいたシャーロック。抜かりはない。ムカつくwww

 

主犯のモラン卿は無事マイクロフト?警察に捕縛。

 

そしてマイクロフトは両親に捕縛www

シャーロックに助けを求めるも一蹴。この時の哀れっぽいマイクロフトの懇願がまたwww

 

それぞれがそれぞれの幸せに一歩踏み出す。

互いの再会を喜び、ジョンはメアリーにプロポーズと5月には挙式、モリーは彼氏を紹介。

モリーの彼氏はダメ出しされなかった…珍しくノーコメント。モリーに遠慮ではなく、きっと問題ないからなんだと思う。シャーロックもモリーの幸せを願っているから。

S1#1と比べるとだいぶ変わりましたね、シャーロック。

鹿撃ち帽もまさかのトレードマークに。気に入ってるというよりはそれを付けてることで喜ぶ人たちを笑っている風にも見えます。

 

ただジョンが狙われた理由が今のところ不明。

 

そして何者かの気配。

様々なものを収集している男…その目はジョンを助けるシャーロックをじっと見つめている。

 

今回は笑うシーンがとても多いです。

また始終和やかな気持ちで見れました。

またホームズ兄弟の人間らしさを垣間見る描写も多かったですね。鉄仮面のようだったマイクロフトのゲームでムキになるところとか、両親のことなどの弱みとか。

メアリーはなんだか強そうですね…。フツーの生活に満足できないジョンにシャーロックとは違ったバランスをもたらせそうな…。シャーロックとジョンの触媒にもなれるし緩衝材にもなれるような…。

ラストの敵?は何者なのでしょう?第二第三のモリアーティとか?

「ジムはモリアーティの中でも最弱…」

みたいな。

 

和やかな分、次回からの事件が気になりますが…このS3#1はこれまでの話の内容を知らなくても楽しめる脚本ではないかと思います。